スマートフォン版サイトを表示

スタッフブログ

ボウリング上達への道 ~スイング②編~

「今まで1回も”100点”に行ったことないよ・・・」

 


「いつもガターばっかり・・・」

 


 

そんなあなたのためにお送りするボウリング講座、「ボウリング上達への道」。


 

 

今回のテーマは、「スイング②」です。

 

 





スイング時に大切なのは、「振り子」だということは以前このブログでも説明した通りです。(詳しくは、「ボウリング上達への道~スイング編~」




この場合、振り子の支点となるのは当然「右肩」ですから(右投げの場合)、その肩が動いてしまうと、スイングも歪んでしまいます。



なので、この「右肩を動かさない」という意識が非常に大事なのです。



右肩が動いてしまうケースで特に多いのが、「右肩が開いてしまう(引いてしまう)」、「右肩が下がってしまう」の2つです。



「右肩が開いてしまう」のは、振り子ではなく腕の力でスイングしてしまっているか、あるいは振り子が大きすぎることが原因と考えられます。



しっかり脇を閉めて、振り子スイングを心掛けましょう。



一方、「右肩が下がってしまう」ケース。



親指を抜く意識が強すぎたり、右側に重心が傾いてしまうことなどが原因として挙げられるのですが、



右肩が下がってしまう場合、下がらないように意識するのでなく、逆に、左肩が上がらないように意識する方が意外とうまくいくことがあります。





あまり肩に意識を置いている方は多くないかもしれませんが、スイングの支点となるとても重要な箇所です。



しかし、自分ではなかなか気づきずらい箇所でもあるので、誰かに一度スイングを見てもらうと良いでしょう。





<ボウリング教室のお知らせ>


経堂ボウルでは、あなたのスコアアップを手助けすべく、ボウリング教室を実施しています。



まったくの初心者の方からハイアベレージの方まで、どなたでも参加いただけます。



1回だけの参加も大歓迎ですので、ぜひ一度参加してみてください。



詳しくは、「大会・練習会」をご参照下さい。